女性の抜け毛による原因は?早いうちに対策をしないと進行する?

この記事では女性の抜け毛について紹介していきます。

女性でも様々なことが原因で薄毛・抜け毛に悩む人も少なくありません。

近年特に髪のボリュームが減ってきたり、髪の毛が薄くなったりと悩みを持つ人が多くいるのが事実です。

そんな女性による抜け毛について原因と対策を徹底解説していきますので、是非参考になれば幸いです。

女性の抜け毛による種類

  • ①びまん性脱毛症【FAGA(FPHL)】

女性に多いとされているのは「びまん性脱毛症」です。

髪の毛がまだらに抜けていき、髪の毛のボリュームがなくなっていくことが特徴です。

男性が発症するAGAは頭頂部などの部分的に髪の毛が薄くなっていくのに対して、びまん性脱毛症は全体的に薄くなっていくので気づきにくくなっています。

これは加齢によるホルモンバランスの乱れや、栄養バランスが影響しているので男性にも発症する可能性が大いにあるようです。

FAGAとは女性男性型脱毛症といい、女性の薄毛のことを言います。

研究が始まった当初は男性型脱毛症であるAGAと同じものだと考えられ、このような名称になりました。

しかしAGAとは違うものだとわかったことから『FPHL』とも呼ばれています。

②分娩後脱毛症(出産後脱毛症)

分娩後脱毛症とは、赤ちゃんを出産する産後に髪の毛が抜けていくことを言います。

特に2~3か月ごろが一番ピークだと言われており、治療は難しいものとされているようです。

大量の髪の毛が抜けることから驚きを隠せない人も多いのではないのでしょうか?

いずれ落ち着くものなので過度な心配はしないようにしましょう。

女性ホルモンであるエストロゲンが増えると生え変わるための髪の毛が抜けずにそのまま生え続けます。

産後はエストロゲンの分泌が急激に減少するので、髪の毛のサイクルが戻ります。

そうなると、妊娠中に抜ける時期の髪の毛と産後に抜ける時期を迎えた髪の毛が一気に抜けてしまうようです。

これは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが落ち着く、産後1年ごろに落ち着くと言われています。

妊娠から産後はどんなに覚悟を持っていても女性ホルモンによる乱れと、出産による過度な疲れ・寝不足・ストレスが一気に襲い掛かります。

産後は普通の状態ではないので、抜け毛が起きてもおかしくないことので余計な負担は少しでもやめましょう。

それらのことから産後は過度なストレスや睡眠不足にあるので、それらが原因で1年たっても抜け毛が収まらないこともあるようです。

更に円形脱毛症になる人もすくなくありません。

③円形脱毛症

突然頭部(まゆげやひげ)にコインほどのサイズの脱毛部位を発症することを言います。

円形脱毛症にも種類があり、通常のコインサイズのものから蛇行型(髪の生え際に沿って抜ける)、全頭型(頭部のほとんどが抜ける)、汎発型(頭髪以外の体毛などが抜ける)などがあります。

円形脱毛症とは、ストレスなどが原因で発症すると言われていますが近年では自己免疫反応から生じることがわかっています。

はっきりとした理由は未だにわかっていませんが、遺伝的なものもあるのではないのかと言われています。

④牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪の毛を日常的に引っ張る行為をすることで抜け毛が発症することを言います。

女性に多くみられるポニーテール・エクステなどをすることで発症するようです。

毎日同じ位置でポニーテールをしているひとは注意が必要です。

休息日を作り、結ぶ位置を変えるなどの工夫をしましょう。

女性の抜け毛による原因

①加齢やホルモンバランスによるもの

女性特有のホルモンバランスの乱れで髪の毛の抜け毛に発展していきます。

更に加齢や閉経に伴って、女性ホルモンが一気に減少することからは発毛量が減ると言われているようです。

②生活習慣の乱れ

荒れた食生活・過度なストレス・睡眠不足などにより髪の毛に栄養が行き届かずに髪の毛が抜ける原因となります。

特に女性は過度なダイエットなどが原因で、抜け毛に繋がることも少なくないようです。

③髪の毛の扱い

ヘアアイロンやカラー剤を繰り返した髪の毛は髪の毛が抜ける原因の一つです。

普段のケアヘア方法で、将来抜けやすい髪の毛になる原因となるので気を付けましょう。

まだ紫外線によっても髪の毛が抜ける原因となりますので、しっかりとした紫外線対策が必要となってきます。

女性の抜け毛による対策

髪の毛が抜けやすくならないために、髪の毛を雑に扱わないことは十分大切となってきます。

更に生活習慣への見直しや、食生活に対しても髪の毛に良いとされているタンパク質・ビタミン・ミネラル・炭水化物をしっかりとバランスよく食べるのが大切です。

特に髪の毛のほとんどはタンパク質でできていることから、欠かさず食べるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました