パサつく髪の毛の原因と対策方法

この記事では、ぱさつく髪の毛の原因と対策について紹介していきます。

様々なことが原因でぱさついてしまう髪の毛、原因からしっかりとおさえて髪質改善を目指しましょう。

是非参考になれば幸いです。

髪の毛のパサつきとはどんな状態?

髪の毛の水分が不足しており、乾燥している状態のことを言います。

髪の毛は、キューティクルが守ってくれていますが熱・摩擦・乾燥などによってキューティクルが剥がれてしまい髪の毛の水分や油分が逃げてしまっているのはご存知でしたか?

キューティクルが剥がれて、開いた状態が続くと髪の毛は乾燥してパサついてしまいます。

髪の毛が濡れた状態は、キューティクルが開いている状態でもあるので扱いには一番大事な部分でもあるのです。

カラーやパーマなどもキューティクルを剥がす原因の一つです。

髪の毛がパサつく原因

①熱によるもの

ヘアアイロンやドライヤーなどは、乾燥や髪の毛が痛む原因となりパサつきの原因となります。

高温で長時間使用することとは、髪の毛の水分を奪い傷みつけてしまう原因となるので気を付けましょう。

②髪の毛の間違った扱い方

髪の毛が濡れている状態で横になることや、正しく乾かさないと髪の毛の乾燥や痛みに繋がります。

髪が濡れている状態はキューティクルが開いている状態なので、一刻も早く髪の毛を乾かしてあげることが大切です。

髪の毛が濡れている状態で寝てしまうと、キューティクルが開いた状態で摩擦が起き水分は失っていきます。

また、紫外線にも注意が必要なのはご存知でしたか?

紫外線によって髪の毛の乾燥に繋がるので、帽子やオイルなどの対策が必要となってきます。

③生活習慣によるもの

普段の食生活や睡眠不足が原因で、血流が悪くなり髪の毛に良い栄養が届かなくなり髪の毛の乾燥に繋がります。

髪の毛がパサついていると、栄養が足りていないのも原因の一つなのかもしれません。

また、過度なストレスやダイエットも血流が悪くなる原因となっています。

髪の毛のパサつきを改善する方法

①シャンプー・リンス

髪の毛のパサつきを改善するには、ジャンプ-とリンスの見直しが必要ではないでしょうか?

洗浄力の高いシャンプーを使用していると、髪の毛のダメージに繋がるので髪の毛に優しいアミノ酸のシャンプーに変えるのも良いですね。

またシャンプーを行う前にブラッシングを行うと、シャンプーによる摩擦の軽減や余分な汚れやほこりを落としてくれるので良いでしょう。

②定期的なトリートメント

パサつきの原因となる乾燥を予防するには、定期的に髪の毛に保湿を与えるトリートメントを行うのが良いでしょう。

お家でも簡単にトリートメンは行えますが、サロンで行ってくれるトリートメントはその人に合ったものをその人のやり方で行ってくれるところが多いのでおすすめです。

また、サロンのトリートメントは内側からも外側からもケアしてくれるので効果は絶大ですしトリートメント自体も良いものを使用している傾向があるので良いでしょう。

普段のケアにプラスして、サロンでもケアしてもらうとパサつきの改善に大きな期待できます。

③縮毛強制の検討

髪の毛のパサつきがどうしても気になる場合は、髪の毛の状態によっては縮毛矯正で収まることもあります。

特にくせ毛によってパサついている場合は、縮毛矯正で整えてあげると効果が期待できます。

しかし痛みによってパサついている場合は、更に髪の毛に負担を与えることになるので美容室では断られることもあります。

④生活習慣の改善

生活習慣の乱れも、髪の毛に乾燥を与えパサつきの原因となります。

髪の毛の改善を見直すなら、過度なダイエットなどはやめるようにしましょう。

睡眠をしっかりととるようにし、食生活の見直しも必要となってきます。

髪の毛に良いとされている食事は、タンパク質・ビタミン・鉄分・亜鉛です。

髪の毛のほとんどはタンパク質でできているので、髪の毛の成長にタンパク質は欠かせません。

ビタミンは、髪の毛の成長への手助けをしてくれ頭皮の新陳代謝を促進する働きもあります。

亜鉛や鉄分も、タンパク質を体内で分解させないために重要な役割をもっているのです。

髪の毛に良いとされている、主な食べ物は大豆・ナッツ類・乳製品・レバー・果物・わかめ・ひじきなどが良いとされています。

最も重要なのは、3食バランスの良い食事なので必要な栄養素のみを接種しても効果はありません。

食べ物の栄養はそれぞれ摂取することによって、バランスや体内での分解を補っています。

髪の毛に良い食べ物を中心にバランスの良い食事を心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました